美容室開業のための当ブログを訪問いただきありがとうございます。
好きなお客様と笑顔あふれる美容サロン開業支援プロデューサーの、和田美香です。

スケルトン物件でない賃貸物件を借りられる場合もおおく、解体作業から、内装工事がはじまる場合も多いです。
この場合、ほんとうに建物構造だけの丸裸にしてみないと、造作でついている内装の壁と、建物の構造の間に、なにがあるか、わからない、というのが建築業界で常識です。

素人からみたら、「物件の平面図は、物件所有者からもらっているし、しかも、内装工事の設計士さんから現場調査もしてもらっているから、『解体してみないとわからない、なんてありえなーい』と」軽く考えるお気持ち、わかります。

でも、物件の平面図は、あくまでも参考にしかならない資料の位置づけです。

実は、内装の壁を壊してみたら、構造設計図にはなかった、柱や梁が存在していて、どうしてもそれは壊せず、内装平面図を一から書き直ししなければならないということも発生することもよくあります。

当初建物をつくった設計士さんはしらない。
でけれど、工事する方が「親切」で梁を増やしておいた、とか。
工事するかたが、勝手に削ってしまった、とか。
あとから物件所有者の希望で構造がかわってしまった、とか、ということさえもあるからです。

この間など、スケルトンにもどすために解体作業をはじめてみたら、上階の飲食店に通じる作業用のエレベーターが出てきた、なんてこともありました。
これ、平面図には載っていないけれど、物件所有者いわく、必要だから残しておいてくれ、とのこと。

結局、こうやって、平面図にはないけれど出てきてしまうものについては、不動産仲介業者をとおして、物件所有者の意向を確認したり、店舗平面図を一から書き直したりなどの、作業がついかされてしまいます。
予想された工程通りにすすまず、店舗工事期間が延びるばかりでなく、作業工数も増え、費用もあがってしまうことがほとんどです。

あくまでも、解体費用は、解体工事がはじまってみないと正確な数字はでず,解体が始まるまではあくまでも概算というのは、こんな理由からです。

工期についても、「目標とします」ともうしあげるのは、こんなところからです。

お客様を最高の環境でお迎えするというゴールにむかってわたしたちも、走らせていたでいています。
そこではなく、ただ、納期期日・ただ工費だけをおはなしいただくだけでは、お話がすすまない場合もあります。

だれのためのお店か、それはご来店くださるお客様のためのお店、というお考えに賛同いただける方と、お仕事させていただけると嬉しいです。


写真の説明。たとえばこれは、スケルトン物件ではありません。ご希望いただく内装デザインの実現によっては、天井をこわす解体作業が必要なばあいもあります。
e0174969_16053516.jpg



毎日の幸せを実感しつづける人生を本物の美容と健康づくりで応援する
みかんぐみ株式会社 
和田美香
運営サイト
http://salonopen.com/「はじめての美容室独立開業工事110番」

---------------------------------------------------------

<毎月5組様限定>の美容室店舗開業全般や、店舗デザイン・内装工事に関する
無料相談を開催中。
http://www.salonopen.com/useful/consultation.html
←お申込はコチラから。
対象地域は、神奈川、東京に開業予定の方です
無料相談お申し込み時は、2週間以降先の日程を、候補日として
あげていただくと、ご希望の日程で受付させていただきやすいです。
不動産決定前の段階でもご利用いただけます。

<工事業界の裏側を知ろう!>
美容室内装工事でお金の心配をしないための知識
「7日間無料メール講座」
どうぞご利用ください。
http://www.salonopen.com/useful/mail_course.html
←お申込はコチラ

http://www.facebook.com/salonopen110 「フェイスブックページ」に「いいね!」の応援おねがいします。




[PR]
by salonopen | 2015-10-26 16:04 | 和田のひとりごと

美容室開業のための当ブログを訪問いただきありがとうございます。
好きなお客様と笑顔あふれる美容サロン開業支援プロデューサーの、和田美香です。

サロンオーナー向け経営誌の『美容と経営のプラン』 11月号に、「サロン価値を高める値上げ」を題材に取材いただいた記事が掲載されました。
お手元に本誌おもちの方、36頁37頁をご覧ください。
e0174969_10280370.jpg

『美容と経営のプラン』11月号のテーマが面白いので、紹介させてください。
この雑誌は、毎月のテーマが決まっています。
読者対象は、成長過程にある小規模サロンのオーナーさん。
今月のテーマは「キャパオーバー、そのとき…」。
顧客に支持され予約がとりずらい店になったらそのあとどうするか、について、専門家のコメントと、全国各地の個性的な美容室の紹介を織り交ぜ、選択肢をしめす内容になっています。

個人的にどこが面白いと思ったかというと、現役でサロンの大黒柱としてバリバリ稼ぐオーナーに引っ張られているサロンでも、紆余曲折の道を歩んでこられて今があることを丁寧に取材いただいている点です。
しかも、その紆余曲折を迎えるの原因はほぼ、スタッフ関してのものという共通点も見えるのも面白いです。

そこから考えさせられるのは、どんなサロンにしたいのかを新規オープンする際に、きちんと計画しておく必要があるということでした。
場当たり的に人を増やしたり、スタッフルームを削って拡張しシャンプー台を増設したりというのは、まずNG。
長期的にみてかじ取りする必要があるということ。

だから、もし、そろそろキャパオーバーになりそうだなとおもったら、接客方針つまりコンセプトやミッションの確認、そして粗利率や労働分配率などの経営指標の確認をまずやっていただくことをわたしもおすすめしたいと改めて強く感じました。


毎日の幸せを実感しつづける人生を本物の美容と健康づくりで応援する
みかんぐみ株式会社 
和田美香
運営サイト
http://salonopen.com/「はじめての美容室独立開業工事110番」

---------------------------------------------------------

<毎月5組様限定>の美容室店舗開業全般や、店舗デザイン・内装工事に関する
無料相談を開催中。
http://www.salonopen.com/useful/consultation.html
←お申込はコチラから。
対象地域は、神奈川、東京に開業予定の方です
無料相談お申し込み時は、2週間以降先の日程を、候補日として
あげていただくと、ご希望の日程で受付させていただきやすいです。
不動産決定前の段階でもご利用いただけます。

<工事業界の裏側を知ろう!>
美容室内装工事でお金の心配をしないための知識
「7日間無料メール講座」
どうぞご利用ください。
http://www.salonopen.com/useful/mail_course.html
←お申込はコチラ

http://www.facebook.com/salonopen110 「フェイスブックページ」に「いいね!」の応援おねがいします。



[PR]
by salonopen | 2015-10-19 10:27 | 美容室開業に役立つ書籍紹介

美容室開業のための当ブログを訪問いただきありがとうございます。
好きなお客様と笑顔あふれる美容サロン開業支援プロデューサーの、和田美香です。

みかんぐみで開業支援させていただいた美容室さんは、創業から140件を超えます。
経営状況が厳しいといわれるなか、その支援させていただいたどの美容室さんも、継続・発展営業されているのが、わが社の誇りです。

継続・発展する営業方法を伝授してはきましたが、こんな質問はうけたことがなかったです。
でも、他山の石、ということわざもあるので、知っている限りで廃業された事業主さんについて、美容室に限らず、たどってみたら、こんな感じになりました。


新しい技術を勉強しない
新しい技術を追わないということは、顧客ニーズにこたえてゆかない、ということと同義で、
顧客のことを考えていないとということにつながりませんか。

美容室なら、技術はあたらしくなくても、時代のセンスはいつも最先端を押さえている、という空気感を顧客に伝えたいですね。
儲けに貪欲でない
良い言い方をすれば、無理に儲けなくていいという、落ち着きがあります。
顧客からみたら、がつがつしてません。
ただ、固定客だけをずっとみていたら、新規客をとること忘れている場合があります。
顧客は、流れています。
出る人もいる分、入る人も必要です。
すこしは商売っ気があったほうが、集客にはこまらないようです。

新規客ばかり追うができない
売上をあげることばかりを考え、その為の方策として、新規客の数を増やすことだけをねらっている経営者さんは、とてせ苦戦されています。
既存顧客のリピート率向上や、顧客単価アップ、割引制度の廃止など、粗利アップのために、できる方策はまだまだあります。
それを、広告だけにたよっていたら、費用ばかりかかります。

経営のかじ取りの仕方を方法を学ぶと楽になれます。
設備を更新しない
店舗改装を一体何年前にしました?
改装は5年もしくは7年にいちどはできるよう、計画をたてましょう。
顧客へのサービス向上です。

自分の趣味をおしとおす
車とか、スノボとか、旅行とか、時計とか、いろいろ興味がつきないのはわかります。
モチベーションにもなるとも思います。
ただ、それで経費を圧迫していたらなににもなりません。
車はとくに、買ったらすぐそのあとから資産価値ががた落ちします。
買いたいものと、貸借のバランス、とれるようになる必要あります。


開業時に身の丈にあった計画をしていない
そもそも借金をして開業されている方、貸し手がかしてくれたからと、借りることができる最大限度額無理やりかりてませんか。

返済計画があまかったといえばそれまでですが,返済額の変更等をもうしでることもできるので、気づいたときに修正する勇気も必要です。

----
6個ぐらいあるでじょうか。

あれ、自社はダイジョブ?!
だ・・・大丈夫・・・。
借金ないし。もっともっとと、上昇志向丸出しだし…
気を引き締めて精進します。


毎日の幸せを実感しつづける人生を本物の美容と健康づくりで応援する
みかんぐみ株式会社 
和田美香
運営サイト
http://salonopen.com/「はじめての美容室独立開業工事110番」

---------------------------------------------------------

<毎月5組様限定>の美容室店舗開業全般や、店舗デザイン・内装工事に関する
無料相談を開催中。
http://www.salonopen.com/useful/consultation.html
←お申込はコチラから。
対象地域は、神奈川、東京に開業予定の方です
無料相談お申し込み時は、2週間以降先の日程を、候補日として
あげていただくと、ご希望の日程で受付させていただきやすいです。
不動産決定前の段階でもご利用いただけます。

<工事業界の裏側を知ろう!>
美容室内装工事でお金の心配をしないための知識
「7日間無料メール講座」
どうぞご利用ください。
http://www.salonopen.com/useful/mail_course.html
←お申込はコチラ

http://www.facebook.com/salonopen110 「フェイスブックページ」に「いいね!」の応援おねがいします。


[PR]
by salonopen | 2015-10-12 07:19 | 和田のひとりごと

美容室開業のための当ブログを訪問いただきありがとうございます。
好きなお客様と笑顔あふれる美容サロン開業支援プロデューサーの、和田美香です。

あなたは、どんな勉強会にでるときが多いですか?
ディーラーさんやメーカーさんの、技術や経営に関するものですか?
だれかメンターとひそかに思う方のクローズドな勉強会や塾?
それとも、仲間と一緒に開催している自分オリジナルの勉強会?

だれとつながっているか、だれとつながるかは、どこへ行きたいかによってすっごく重要です。

もし、「ここへゆきたいけれど、まだ自分にはない」ものがあると知っているなら、それを持っている方がいるところへ行きましょう。

どんな美容師になりたいですか?
どんな経営者になりたいですか?
どんな父・母になりたいですか?
どんな人生にしたいですか?

参加する勉強会が、技術やノウハウだけを得るところではなく、仲間も得られるところだといいですね。

e0174969_13365092.jpg

毎日の幸せを実感しつづける人生を本物の美容と健康づくりで応援する
みかんぐみ株式会社 
和田美香
運営サイト
http://salonopen.com/「はじめての美容室独立開業工事110番」

---------------------------------------------------------

<毎月5組様限定>の美容室店舗開業全般や、店舗デザイン・内装工事に関する
無料相談を開催中。
http://www.salonopen.com/useful/consultation.html
←お申込はコチラから。
対象地域は、神奈川、東京に開業予定の方です
無料相談お申し込み時は、2週間以降先の日程を、候補日として
あげていただくと、ご希望の日程で受付させていただきやすいです。
不動産決定前の段階でもご利用いただけます。

<工事業界の裏側を知ろう!>
美容室内装工事でお金の心配をしないための知識
「7日間無料メール講座」
どうぞご利用ください。
http://www.salonopen.com/useful/mail_course.html
←お申込はコチラ

http://www.facebook.com/salonopen110 「フェイスブックページ」に「いいね!」の応援おねがいします。




[PR]
by salonopen | 2015-10-05 13:37 | 和田のひとりごと