まだ30度を超える暑さがつづくなか、秋の果物が、
はやくも食料品スーパーの店頭でだんだん幅をきかせて
きています。

先日、さっそく今年初めて梨をたべてみました。

気持ちだけ、先にすこし秋に飛べた気がしました。

-----------------------------------------------------

こんにちは、「初めての美容室独立開業工事110番」の和田美香です。

住宅の「エコ」ブームの影響と、スペースの有効活用の意味合いから、タンクレス節水型トイレの設置を、ヘアサロンオープン時の内装工事にご希望になるサロンオーナー様が多いです。

ですが、その「節水型トイレの便器」を、設置できるテナント物件と、設置できないテナント物件があるので要注意です。

設置できるかどうかは、物件の給排水の径によって、それは決まります。

径が小さいと、「トイレの水が流れない」といったトラブルが起こってしまうからです。

このトラブルは、水道の径を大きくする工事をしなくても、タンクつきのトイレの便器にかえることで解消する場合もあります。

なにがなんでも、「タンクレス節水型トイレ」でなくてもいい方は、ぜひご検討ください。


***************************************************

<毎月5組様限定>の美容室内装工事や内装工事見積もりに関する無料相談も開催中。お申込はコチラから。
対象地域は、神奈川、東京を含めた、関東圏に開業予定の方です

twitterはじめました!
http://twitter.com/mike_mika


美容室内装工事の費用(工事料金や含まれる範囲)や、その他詳しい写真は、こちらから施工事例の頁をご覧ください。

美容室内装工事に関する知識のレベルアップにつながる「7日間無料メール講座」今すぐ始められます!
どうぞご利用ください。
お申込はコチラ⇒

「初めての美容室独立開業工事110番」事務局は、美容室専門の内装工事を行っております。
主な活動地域は、神奈川、東京です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by salonopen | 2010-08-30 08:57 | 美容室店舗内装材料について

こんにちは、「初めての美容室独立開業工事110番」の和田美香です。


今日は、暦の上では処暑、暑さが一段落する時期だそうで。
まだまだ体感では蒸し暑いですが、暦の上でそうだといわれれば、そういえば、風が秋をはこんでくれているような……。

わたしは四季のなかで夏が一番大好きなので、夏の終わりは、少しさみしい気持ちも混じります。

-------------------------------------------------------

『サロンオーナー』誌9月号(理美容教育出版社発行)の、特集「読者Q&A 素朴な疑問に答えます」のなかで、ご質問2つにお返事するというかたちで和田がお手伝いさせていただき掲載されました。

Q&Aの内容は、ぜひ雑誌『サロンオーナー9月号』を手にとって読んでみてくださいね。

さて、そのQ&Aの特集の中で、和田が担当させていただいた質問項目そのものへの感想を少し。

「景気低迷の中で……」という、ほとんどいま枕詞のように使われるフレーズが、質問項目のなかに入っていました。

経営者にとってあいさつ代わりのようなものではないかと、わたしは感じています。

ですが、挨拶だけならいいですけれど、経営のかじ取りの良し悪しを、挨拶とはいえ言葉にして口にしてしまうことで、景気つまり外部環境のせいにしてしまうきっかけにしてやしないかと心配しています。

リーマンショック以後の景気低迷とさわがれるなか、和田が顧問先として関与させていただいているサロン様では、業績は下向きどころか、前年度対比では伸びておられるところばかりです。

「ここが気の引き締めどころだ。工夫する点は工夫しなければならない」と、「景気低迷」という外部環境のことばにまどわされず、そのことを自分へのいましめととらえ、ジャンピングボードにされたわけです。

逆に、身近なところではうちの父の町工場などそうですが、「景気が悪いから注文がこない」「お客が減った」という愚痴をこぼすばかりで、なにか顧客単価をあげる工夫や、収益モデルを長期的にでも変更してゆくアイデアを実行しているのかといえば、全く着手されていません。

「景気低迷の中……」と、グローバル経済を気にしなければならないほど、わたしたちが関与する規模は、それほど大きくはありません。

日々のなかで目指すべきものをきちんともち、改善にきちんと力を適正にそそいでいれば、外部環境のせいにせず、サロンは成長して行けます。

景気云々というセリフが口をついてでてくるときは、自分に甘えてるなと、ふりかえってみられることができるといいなと思っています。

***************************************************
twitterはじめました!
http://twitter.com/mike_mika

<毎月5組様限定>の美容室内装工事や内装工事見積もりに関する無料相談も開催中。お申込はコチラから。
対象地域は、神奈川、東京を含めた、関東圏に開業予定の方です

美容室内装工事の費用(工事料金や含まれる範囲)や、その他詳しい写真は、こちらから施工事例の頁をご覧ください。

美容室内装工事に関する知識のレベルアップにつながる「7日間無料メール講座」今すぐ始められます!
どうぞご利用ください。
お申込はコチラ⇒

「初めての美容室独立開業工事110番」事務局は、美容室専門の内装工事を行っております。
主な活動地域は、神奈川、東京です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by salonopen | 2010-08-23 07:40 | 和田のひとりごと

こんにちは、「初めての美容室独立開業工事110番」の和田美香です。

最近、全自動乾燥洗濯機の入手をきっかけに家電に目覚めた和田から、「仕事の効率化と、幸せ度」について考えたことを綴ってみました。

勝間和代さんの『結局、女はキレイが勝ち』(マガジンハウス,2009発行)を、読みながらのことです。

さて、サロンワークの仕分けという今日の話題とどうつながるかというと、サロンの洗濯機についてです。

上記、勝間さんの本のなかで、結婚生活について次のような主張がされていました。

「毎日の生活のがストレスレスになら心に余裕が生まれ、相手に優しくなれます」と、「家事の仕分けと効率化は、結婚生活をハッピーにする」という項目のなかで強調されています。

これ、サロンワークにあてはまるのではと、ふと思ったのです。

というのも、美容室内装工事でオープンのお手伝いをさせていただいているなかで、スタッフルームに洗濯機を入れるかどうかという点について、サロンオーナー様のスタッフへのお考えが二手にわかれるなと以前から感じていたことが、ここでつながったのです。

片方のオーナー様群は、なんの迷いもなく、サロン内でタオルの洗濯をするために、「洗濯機」を置く「洗濯パン」の設置を希望されます。

もう片方のオーナー様群は、洗濯機は置かないので「洗濯パン」は不要と、こちらからの質問にお答えになります。
つまり、サロン使用のタオルは、外部業者に洗濯を依頼され、タオルレンタルを使用されるというもの。

タオルレンタルを使用することで、サロンスタッフの洗濯時間を削減し、その時間を、技術向上の時間や、お客様のために時間を使うことで、最終的にお客様満足度向上につなげたいという意図だとわかりました。



勝間さんが言うように、時間の使い方、効率化のための作業の仕分けという点では、非常にうなずされます。

また、和田が、サロンへ顧客として伺う場合、コンサルタントとして伺う場合の両方からも、ふりかえってみると、スタッフのモチベーションや、サロンの美化、クリンネスという点からも、「サロンに洗濯機・乾燥機を置かない」というのは1つの選択だとも感じました。

まず、タオルの匂い。

サロン内で洗濯し、サロン内で干す場合は、室内で干すことになります。タオルの室内干しの匂いが、サロン内にこもりますし、タオルそのものにも、室内干しの匂いがついてしまっています。

このタオルの匂いやサロンの匂い、気づいておられますか?


それから、洗濯機や乾燥機がよくサロンで壊れませんか?

コンサルティングで継続的に伺っている美容室様のスタッフルームへゆくと、洗濯機や乾燥機はフル回転のためか、よく壊れている風景に遭遇してしまいます。

電気屋さんへ電話してすぐ修理してもらえればいいですが、夜だったり、電気屋さんが休業日だったりすると、すぐには来てもらえず、タオル洗濯の作業に支障が大幅にでます。

このようなことが頻繁に起こっていると、洗濯機を買い替えの必要が出るのですが、なかなか「買い替え」のタイミングを計るのがむずかしいようで、結局は、タオル洗濯作業のしわ寄せがスタッフにきてしまっていて、ストレスフルなスタッフワークになっている場合があります。

たかが洗濯と思ってませんでしょうか。


サロンワークで、最終的に大切なことは何か?

お客様の幸せ度向上という点忘れなければ、洗濯機1つ、どのように使うかについても「たかが洗濯機」で終わらないのではと、考えたのでした。

***************************************************
twitterはじめました!
http://twitter.com/mike_mika

<毎月5組様限定>の美容室内装工事や内装工事見積もりに関する無料相談も開催中。お申込はコチラから。
対象地域は、神奈川、東京を含めた、関東圏に開業予定の方です

美容室内装工事の費用(工事料金や含まれる範囲)や、その他詳しい写真は、こちらから施工事例の頁をご覧ください。

美容室内装工事に関する知識のレベルアップにつながる「7日間無料メール講座」今すぐ始められます!
どうぞご利用ください。
お申込はコチラ⇒

「初めての美容室独立開業工事110番」事務局は、美容室専門の内装工事を行っております。
主な活動地域は、神奈川、東京です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by salonopen | 2010-08-16 11:25 | 和田のひとりごと

こんにちは、「初めての美容室独立開業工事110番」の和田美香です。

「髪にやさしい美容室」をサロンコンセプトに据えられる美容室様が、弊社のお客様に多いです。

参考にされる店舗デザインは、他業種からのものが多いですね。

たとえば、リゾートホテル。
オーガニックレストラン。
カフェ。
お気に入りのアパレルショップの店舗デザイン。
などなど。
(参考先として、飲食店が多いでしょうか)。

店舗内装工事に使用する素材やデザインに参考になるような他業種のお店さんのキーワードには、「オーガニック」や「ロハス」をコンセプトに掲げられていることが多いです。

ということで、ちょっと気になるお店の内装素材、みてみました。
今回は、ニールズヤードレメディーズの表参道ショップからはじめてみたいと思います。

表参道ショップは、ビルそのものが、ニールズヤードレメディーズの本社ビルだそうで、ショップコンセプトにあわせて建材選びには相当こだわっておられます。

その建材やビルの内装自体へのこだわりは、ショップコンセプトをより強化し、お客様の共感を高めることにうまく作用しています。
* 電気(CO2削減のための工夫があると聞くだけで、取扱い製品やサービスそのものへのこだわりを感じますね)

* 外装建材は木材破片と家電製品プラスチックを混合したリサイクル素材を特殊加工したもの

* 壁には珪藻土を利用
(呼吸する壁という紹介があるだけで、店内にはいったときに、ためしに深呼吸してみたくなりますよね)。

* スタッフの健康に配慮した床材、地球環境への負荷に配慮した内装素材を使用
(どんなにいいスタッフさんに迎えてもらえるのかと、お店に足を運ぶ側としては、期待感が高まりますよね)


* 雨水の利用
(植物への水やりや、打ち水に使うんだろうなと、循環型のシステムに共感しますね)


ということで、こんなご紹介をすると、まるでこのショップの宣伝マンになってしまった気持になってしまうのですが、これ、みなさまの美容室にも置き換えて表現することができます。

ただ建材にこだわっただけで、こんな風にアピールできる要素が増えるだけでなく、お店のコンセプトをより強化し、印象を強め、期待感を高めるのに役立ちます。

箱だけでは集客できませんが、箱(店舗)と店舗コンセプトの一体化は、集客に有利に働き、「繁盛店」に近づく一歩にもなります。
皆様も、「このお店の内装すごいな」と思われるところあったら、和田に教えてくださいね!


***************************************************
twitterはじめました!
http://twitter.com/mike_mika

<毎月5組様限定>の美容室内装工事や内装工事見積もりに関する無料相談も開催中。お申込はコチラから。
対象地域は、神奈川、東京を含めた、関東圏に開業予定の方です

美容室内装工事の費用(工事料金や含まれる範囲)や、その他詳しい写真は、こちらから施工事例の頁をご覧ください。

美容室内装工事に関する知識のレベルアップにつながる「7日間無料メール講座」今すぐ始められます!
どうぞご利用ください。
お申込はコチラ⇒

「初めての美容室独立開業工事110番」事務局は、美容室専門の内装工事を行っております。
主な活動地域は、神奈川、東京です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by salonopen | 2010-08-09 08:00 | 美容室店舗内装材料について

こんにちは、「初めての美容室独立開業工事110番」の和田美香です。


最近は少し下火になってきましたが、アジアンテイストの店舗デザインをご希望いただく方、まだまだいらっしゃります。

今日は、ご自身が好きなアジアの旅行先の雰囲気を出したいというご希望の方へのお話しです。

アジアンテイストのなかで、よく挙げられるのが「バリ」。

こちらから質問させていただくのは、「どこにお泊りだったか?」とか「旅行先の、どんな建物や街並みにバリらしさを感じているのか?」という点です。

なぜなら、一言で「バリ」と言っても、旅行先で宿泊される施設のグレードや、滞在される場所によって、バリに求めるものが全く違うからです。

ある方は、高級リゾートホテルを挙げられました。
そこは、洗練されたおもてなしでも有名なところで、使用されている建築素材もお金を節約する方向には決してむかっていません。

このようなホテルでの滞在が、「バリ」として記憶に残っている方に対しては、素材はフェイクを使っては、バリを表現することにはなりません。

一方で、バックパックで、バリの工芸に魅せられて外国人向けの安宿にとまった経験のあるかたのお話しを聞くと、全くバリの印象は違ってきます。

この場合、サロンデザインに表現するのに、「雰囲気」だけで十分という方がほとんど。
であれば、建材にこだわる必要もありません。
ただし、「高級感」をここで演出することはむずかしくなります。

どうでしょうか。
同じ「バリ」風を表現したくても、求めるものが全く違うことが、一歩踏み込めば出てきます。

ご来店のお客様にも、何をお伝えしたいのかが、同じ「バリ」がキーワードでも全く違っています。

特に、海外の現地のデザインの再現をお求めの場合、「どんな経験をされてきたのか」詳しくお教えください。

できれば、ご相談の折に、具体的な写真やパンフレットをお持ちいただけると助かります。


***************************************************
twitterはじめました!
http://twitter.com/mike_mika

<毎月5組様限定>の美容室内装工事や内装工事見積もりに関する無料相談も開催中。お申込はコチラから。
対象地域は、神奈川、東京を含めた、関東圏に開業予定の方です

美容室内装工事の費用(工事料金や含まれる範囲)や、その他詳しい写真は、こちらから施工事例の頁をご覧ください。

美容室内装工事に関する知識のレベルアップにつながる「7日間無料メール講座」今すぐ始められます!
どうぞご利用ください。
お申込はコチラ⇒

「初めての美容室独立開業工事110番」事務局は、美容室専門の内装工事を行っております。
主な活動地域は、神奈川、東京です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by salonopen | 2010-08-02 16:19 | 当社からのお願い・お知らせ