ロートアイアンで創る装飾看板はオリジナル1点物の制作です

こんにちは、「初めての美容室独立開業工事110番」の和田美香です。

e0174969_1626591.jpg

金属を加工して創る装飾物をロートアイアンといいます。
美容室ではハサミの形がサインとして利用される場面がありますね。

このロートアイアンでのサインを、店舗開業時だけでなく、イメージアップのバージョンアップ改装時にも、興味をもっておられる美容室経営者さまが、弊社お客さまの中には高い割合でおられます。

このロートアイアンは、量産物ではありません。
オリジナル1点物の制作となります。
なので、カタログ等をみて、発注前に「コレがいい!」と言って選べるものではありません。

取り付けられる箇所、サイズ、店舗と雰囲気の兼ね合わせなどから、発注後にデザインが書き起こされ、形が具体的になってゆくものです。

多くのサロンオーナー様はここで挫折されます。

「発注前に、どうしてもデザインを知りたい」という気持ちを捨てきれないためでしょうね。

ですが、考えてみて下さい。
発注前に、デザイン画を起こして、製造設計をしても、もし発注されなかったら工場側で手間と時間が無駄になってしまうというリスクが発生することになります。

工場にとって受注前にデザイン画や製造設計図を制作し見込顧客に提出すると、このデザイン画や製造設計図だけをもって、見込み顧客はそのデザイン画と製造設計図だけを持って他の工場へ「安くつくってくれ」と出してしまわれる可能性があります。

他の工場側では、「デザイン画と製造設計図を創る手間が無いのなら、安くしましょう」と応じて下さりやすい状況だからです。

万が一発注されなかった工場側では、デザイン画と製造設計図を描いた手間と時間が、回収できない費用として重なり、それが次の顧客に転嫁されるという悪循環になってしまいます。

これを避けるため、「工場制作物」では、もし発注前のデザイン画制作に応じて下さるところは、それなりに高い金額のせっていになっている場合が多いです。


また、ロートアイアンでつくる装飾看板は、工場でのオリジナル1点物の制作のため、納期も、内装工事期間より長くかかるのが通常です。


契約・支払後にデザイン画確認、納期が長い。

この2点をご存じいただくと、「なんとなく欲しいなあ」「なんとなくあったらカッコいいなあ」とお考えの美容室経営者様は、ロートアイアンの注文自体を、選択肢から消してしまわれます。

逆にいえば、ロートアイアンの装飾看板をつけることを決心しておられる方は、それだけで、他の美容室様と外装にて差がつく決心をきちんと前もってしておられることになります。


何事も、選択するときには、本当にリスクがご自身にあるのかどうかを短期的な視点だけでなく、長期的な視点で、メリットデメリットも両方考慮にいれて選択していただければと思います。



追伸
サロンオーナー様側では、「これでOK」というデザイン画を見る前に発注契約をすると、「本当にほしいものが手に入るかどうかわからないリスク」を感じておられるわけですね。

ですが、そもそも工場側でデザイン画や製造設計図を創って下さる段階で、意を汲んで図を修正くださることができるわけなので、あまり無用な心配をして不安を感じて頂く必要はないと和田は考えています。


みかんぐみ株式会社
和田美香

---------------------------------------------------------

<毎月5組様限定>の美容室店舗開業全般や、店舗デザイン・内装工事に関する
無料相談を開催中。お申込はコチラから。
対象地域は、神奈川、東京に開業予定の方です
無料相談お申し込み時は、2週間以降先の日程を、候補日として
あげていただくと、ご希望の日程で受付させていただきやすいです。

弊社美容室店舗デザインの実績は、こちらから施工事例の頁をご覧ください。

美容室内装工事に関する知識のレベルアップにつながる「7日間無料メール講座」今すぐ始められます!
どうぞご利用ください。
お申込はコチラ⇒

「初めての美容室独立開業工事110番」事務局は、美容室専門の内装工事を行っております。
主な活動地域は、神奈川、東京です。
[PR]
by salonopen | 2013-06-17 16:25 | 美容室店舗内装材料について