美容機材はすべてリースにしたほうが、本当にお得?!

こんにちは、「初めての美容室独立開業工事110番」の和田美香です。

先週発行の弊社メールマガジンで
「感想・応援メッセージおねがいします!」と
書かせていただいたところ、早速、「楽しみにしています!」と
感想をお寄せいただき、和田はとっても感激しています!!

お読みいただけているうえに、感想までお寄せくださり、
ありがとうございます。
心より御礼もうしあげます。

よい情報提供、よい仕事をさせていただくための、
励みにさせていただきます!!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

さて、今日は、美容機材とリース契約についてです。

みかんぐみ株式会社では、美容機材卸は取り扱っていませんので、あくまでも中立の立場でのお話しです。

先輩や同輩から聞いて、
「美容機材はリースにすると税金がお得」とかいった理由で、
なにからなにまでリース契約がいいと思いこんでおられる方が、
4人に2人はいらっしゃります。


予算に上限があられる開業希望者様の場合、
初期投資コストはなるべく抑えたいとのご要望から
美容機材をリース契約して導入することを検討されることは、
理にかなったことでしょう。

しかし、リース契約の仕組みには、「手数料」や「マージン」が
入っていることをお忘れないように。

なので、導入のための総額を、リース契約と購入する場合とで
見比べると、リース契約での総額は割高になります。

また、購入時に一括で現金が必要ないので、購入するときに「毎月、少しづつ、これぐらいなら支払えるぞ」と気軽に考えがちです。

ですが、複数の機材をリース契約してしまうと、毎月の支払い金額が少しづつふくらんでゆくことも、忘れないようにしてください。
リース契約の複数機材への毎月の支払い額が、利益を圧迫することもあります。

税金は、「おばけ」のように感じられるためか、なぜか「税金対策」にすごく敏感になられる方が多いようです。

ですが、税金は「利益を出した後」に出てくるものです。
まずは、利益をきちんと確保できるようにすることが先決です。


では、美容機材のリース契約は、どうすればいいか?

すべて新品でなければだめかどうか、一度見直してみてください。
一部の機材を中古で検討してみてはいかがでしょうか。

中古機材を安く仕入れることができれば、導入の総額は相当安くなります。

税金対策という言葉だけに惑わされず、「導入総額」を一度計算してみてください。

***************************************************

<毎月5組様限定>の美容室内装工事や内装工事見積もりに関する無料相談も開催中。お申込はコチラから。
対象地域は、神奈川、東京を含めた、関東圏に開業予定の方です


twitterはじめました!
http://twitter.com/mike_mika


美容室内装工事の費用(工事料金や含まれる範囲)や、その他詳しい写真は、こちらから施工事例の頁をご覧ください。

美容室内装工事に関する知識のレベルアップにつながる「7日間無料メール講座」今すぐ始められます!
どうぞご利用ください。
お申込はコチラ⇒

「初めての美容室独立開業工事110番」事務局は、美容室専門の内装工事を行っております。
主な活動地域は、神奈川、東京、千葉、埼玉です。
[PR]
by salonopen | 2011-01-24 07:21 | お客様からのよくある質問