ご自宅の一部を美容室に改装して独立開業を希望されるお客様

正月花としてもとめた「南天」がまだ、青々とした葉を広げています。

もちろん、実はすでに落ちてるのですけど、切ったところから根が花瓶にのびていて、その生命力の強さに驚かされます。

こんなに生命力が強いから、縁起物として正月ものとして扱われているのでしょうか?

**************************

こんにちは、「初めての美容室独立開業工事110番」の和田です。

ご自宅の一部を改装して美容室にし、独立開業を実現させようとお考えの方からのお問い合わせがなぜか重なってきています。

今月オープンされる美容室様も、うち1件は、ご実家の倉庫を美容室へと大改装されたうえで、オープンされます。

ご自宅を改装されたうえで美容室を開業される場合、気をつけていただきたいのは、「設計図通りにその建物が建っているとは限らない」ということを、あらかじめ想定しておいていただきたいという点です。

特に、大手ハウスメーカーで設計施工されたわけではない建物の場合です。

大工さんがよかれと考えて、設計図にはないけれども、実際には柱を余分に入れて補強してくださっていたり、とんでもないところに張りがあったり……

これもみな、耐震のためによいと思って当初はつくってくださっているのですが、壁を抜いて壊してみないと存在がわからない大切な柱が、内装工事が始まってから出てきてしまうと大変です。

なぜか?

柱を移動させていいかどうか、構造上の問題がひとつ。

柱を移動させるとなると、大工さんの作業が増えるので、つまり予算が増えてしまうことがひとつ。

もし柱が移動させられない場合、内装設計の平面図や動線をもういちど練り直さなければならないので、工期が遅れる可能性があるということがひとつ。

「うちは、設計図がちゃんと残ってるから大丈夫」という方にも、ご自宅の竣工時の資料が100%そのとおりになっていないかもしれないと、みかんぐみではお話ししています。

構造上、もし地震があってもご来店のお客様をけがさせることがないようにしたいですよね。

ご予算と耐震とのかねあい、きちんとお話しさせていただくようにしています!


--------------------------------------------------------

<毎月5組様限定>の内装工事や開業全般に関する無料相談も開催中。お申込はコチラから。


美容室内装工事の費用(工事料金や含まれる範囲)や、その他詳しい写真は、こちらから施工事例の頁をご覧ください。

美容室開業や、美容室内装工事に関するセミナーを開催中!4月は集客のチラシづくりに関するセミナーです。

セミナースケジュールのご確認やお申込はコチラ⇒から。


美容室内装工事に関する知識のレベルアップにつながる「7日間無料メール講座」今すぐ始められます!
どうぞご利用ください。
お申込はコチラ⇒

「初めての美容室独立開業工事110番」事務局は、美容室専門の内装工事を行っております。
主な活動地域は、神奈川、東京です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by salonopen | 2010-03-08 20:07 | 和田のひとりごと